30代、40代をもっと輝かせたい女性へ 今のあなたの選択が3か月後のあなたをつくります 今の自分をちゃんと満足させてますか? あなたの悩みは何ですか?本当の望みは何ですか? 問題を具現化し、ゴールを明確にします。90日間の継続サポートで、あなたの「ありたい私」を定着させます。

こんな悩みをお持ちではないですか?

  • 何をしていいのかわからない
  • 人の目が気になる
  • 子どもに対してイライラしてしまう
  • 子どもがいう事を聞かない
  • 旦那が子育てを手伝ってくれない
  • 色々学んだのにどれも身につかない
  • 自分の時間が取れない

1. 何していいかわからない

何かしたいのに、何をしていいのかわからない。
もしかしたら、小さい時からそれは、あなたの頭と心が仲たがいしてるのかもしれません。

まずは心と仲直りするところから始めてみませんか?

2. あの人の言うなすことが気になる

その人はあなたの鏡かもしれません。

その言動はあなた自身に対して気になっているところかもしれません。

3. 上司や同僚の目が気にる

それは本当ですか?そして、あなた自身が整えば、
それらは問題ではなくなるかもしれません。

4. 子どもに対してイライラしてしまう

イライラする原因にばかリフォーカスしていませんか?
あなたが望む結果はどんな状態ですか?

5. 兄弟姉妹児で、特に上の子との関わりに困っている

お兄ちゃんだから、お姉ちゃんだからと、望みすぎていませんか?

その子との時間をどれくらい持てていますか?

6. 子どもが言う事を聞かない

ご飯食べなさい!宿題しなさい!だけの声掛けになっていませんか?
では、どうやったらあなたの気持ちが伝わるでしょうか?

7. 旦那が子育てや家事を手伝ってくれない

その不満、旦那様に伝わってますか?
では、どうやったらあなたの気持ちが伝わるでしょうか?

8. 変わりたいのに、変われない

それは本当ですか?
あなたの「ありたい自分」を教えてください。

9. 色々学んだのに、どれも身につかない

そこから何を得たくて、それを学びましたか?
あなたは今何を得たいと思っていますか?

10. 職場復帰を考えているが、仕事と子育て・家事の両立が出来るか不安

それはどんな不安ですか?具体的には?
全て一人でやらなければならないと思っていませんか?

11. 自分の時間が取れない

何をする時間が欲しいですか?どれくらいの時間が欲しいですか?

私はこれまで様々な悩みを抱えた女性の問題を解消させてきました。

1. Aさん(40代 会社経営)セッションを受けて頂きました。

人材確保に悩んでいましたが、「こういう人に来てほしい、こういう人と働きたい」というところがハッキリ見えてきました。

そしたら、「この会社が好きなんです!ここで働きたいんです!」という人が面接に来てくれるようになってきました。

今まで周りに頼ることが出来ず、「自分がやればいい」と全て抱え込んできましたが、とある事情からを頼らざるを得ない状況になり、結果周の方々との信頼関係が強くなったと感じています。

2. Bさん(30代 幼児のママ)マザーズコーチング講座を受けて頂きました。

受講後、早く実践したい!と思いました。

マザーズコーチングの内容を頭の中において子どもと向き合うようこなったら、ワガママのとまらない、あまのじゃくな子だったのですが、自ら「ハッ」と気付いて止めたり、他にも色んな変化が出てきたりしています。

また続きを受けたいと思ってます。

3. Cさん(30代 セラピスト・カウンセラー)セッションを受けて頂きました。

やってみたいな~と思う事があっても、「やっぱり無理よね」とか、「需要ある?」と考えてしまって今一歩踏み出せずにいたのですが、今回全部吐き出したら、自分の中でやるしかなくなって(笑)。

その案がダメなった時も、(はじめは多少落ち込みそうになりましたが)話をしていくうちに、「じゃあ次は?」「本当に届けたい事って何だった?」と前に向かっていけると感じ、次の行動へスムーズにうつることが出来ました。

次はコーチング講座を受講します!

4. Dさん(30代 乳幼児のママ)マインドブロックバスター養成講座を受けて頂きました。

出産以来、育児に専念してきて、子どもたちはかわいいけど、常々疲労感をしていました。

最初は「何だこれ!?」という感じでしたが、実践していくことで、本当に心が楽になる!気持ちの置き方」に変化が出てきました。今までは子育てに追われて、息つく暇もなかったけれど、イラっとしてカーッとなるのではなく、ちょっとブロック解除して、「うん、大丈夫!」と自分とも子どもとも向き合える時間を作ることにもなり本当に良かったです。

次はマザーズコーチング講座を受講します!

ありたい私になる為の3か月

  • あなたの中に眠っている問題の本質を暴き出し、解決へと導きます
  • 問題を具現化し、ゴールを明確にします
  • 90日間のサポートであなたの「ありたい私」を定着させます

初めまして、田代利早です。

やりたい事を否定され続けた幼少時代

当ホームページにお越しいただきありがとうございます。
いつかあなたと直接出会う日が来るまで、このホームページで会話しましょう。

私は熊本県在住で、現在6歳と3歳の子の母です。

私は幼少期から常に孤独感に囚われていました。
親に話を聞てもらえず、やりたいことも否定され続けた事から、ここに居ていいのかわからない、どうして私なんか産んだのだろうと、本来ならば安心を感じるはずの家にいながら、孤独を感じていました。

我が子を可愛いと思えない日々

大人になってからもそれは消えず、どうせ私なんか何も出来ない、こんな私が幸せになれるはずがないと、やりたいことを想像することすら出来ませんでした。

結婚・出産し、何よりも大切な我が子の子育てがはじまりましたが、我が子を可愛いと思いながらもどこかで可愛いと思えない自分がいました。
こんな私に育てられて、この子達はかわいそうだと思いながら子育てしていたのです。

それに気づき、子ども達の為にも私はこのままではいけないと思うことが増えてきました。
この子達だけには、私のような孤独を味わわせてはいけない、この子達の自己肯定感を奪わない接し方をしなくては。

孤独に戻るとは我が子と離れるということ

だからどうにかしたい、どうにかしなきゃ、でも何をどうしたらいいのかわからない。
熊本地震を機にますますネガティブになり、一人になりたいという気持ちが増し、ついには離婚も考えるようになりました。

私はなぜか全て捨ててひとりぼっちになりたいと、あれだけ寂しくて嫌がっていたはずの孤独の状態に戻ろうとしていました。

ですが、離婚して一人になるということは我が子と離れるということ。
子どもにとっては、お母さんに捨てられたと孤独を感じてしまう。
大切に育てたいと思っていた子どもの自己肯定感を私が奪ってしまうことになる。

自分を変える選択を始めるが、しかし…

私の悪い思考のクセが原因で、我が子が孤独を味わう事だけは避けたいと思い、何か私を変えてくれるものを探し始めたのです。

そして、コーチングと心のブロック解除に出会いました。
私は、心のブロック解除で自分にとって要らないクセや感情を手放すことで徐々に冷静を取り戻し、コーチングで自分を変える選択を始めました。

ただし、人の思考のクセというものはそうそう簡単に変えられるものではなく、ふと気づくとまた戻ってしまっているものです。

「どうせ私なんか」とのたたかい

特に私には、孤独になれてしまっているからそこに戻りたがるというクセと、自己肯定感や自己効力感のなさからやりたいと思ったとでもやる前から諦めしまうというクセがあり、これらは非常に厄介なものでした。
本当は自分はどうしたいのか、どうありたいのか、何を選択したら後悔せずにすむのか、どんな行動をする自分が好きだと思えるのか。
そう自分の望む未来向けた質問しながらも、やっぱり「どうせ私なんか」が出てくるのです。

これは私にとって自分とのたたかいだと思っていました。
そこにはどんな経験が眠っているのか、どんな感情が残っているのかを掘り下げ、それらをその都度解放し、とことん自分を知る作業を進めていきました。

そうしてありたい自分になろうと選択し行動していくことで、今の私になりました。
そして今思う事。

実は自分との仲直りの始まりだった

自分とのたたかいだと思っていた事は、本当は、自分との仲直りの過程でした。

赤ちゃんを見ていて「自己肯定感のかたまりだな~」と思ったことがあります。
赤ちゃんは、おむつが濡れたという不快感やおっぱいちょうだいという望みを、ありったけの表現であらわしますよね。それも最大の泣き声で、自分の不快感や不安が取り除かれるまで。
お母さんにとってはその行為で時々疲れてしまうこともあるのですが、赤ちゃんにとってはお母さんがその不快感や不安を取り除いてくれることで、気持ちよさや安心を覚えることで、お母さんからの愛や安心を感じて、それが赤ちゃんの心の土台を作っていくと言われています。

ということから考えると、私の場合、私の心の声(赤ちゃん)が「こしたい!こうしてほしい!これはイヤ! これがイイ!」と教えてくれていることに対して、私(お母さんは「そんなことはしてあげられない。」と全否定、もしくは無視していたことになります。
長年そうやって全否定されたり無視されたりしたら、誰だってイヤになりますよね。そっぽ向いてしまいたくなりますよね。

でも私はこのままではイヤだと思った。変わりたいと思った。
だからこそ、私はこの2年間自分の仲直りに全力を尽くし、自分と心が心地よい状態であり続けられるような行動をしています。

私は、孤独を解消する

それが、結果的に、子ども達との時間をしむ余裕に繋がったり、子ども達の心の成長を阻まない関わりに繋がっていると実感しています。

私はこれらの経験から、『子どもの孤独を解し、10万人が夢を語り合う世界をつくる』を目的に、まずは子どもの一番身にいて一番影響を与えるお母さんの孤独を解消し、お母さん自身がやりたい行動へと自走していける為のサポートをします。

迷っている時には、選ぶ自由があります。
(いつか後悔するかもしれない)今のままの自分でいる選択
(失敗したとしても納得できる)自分をもっと好きになる選択
あなたはどちらを選びますか?

あなたは一人ではありません。
お気軽にご相談ください。

ページトップへ